春子(仮名)の日記

ミニマリストになれなかったんですけど

前回の更新から一年経ってます

 

何から書いたらいいかわからないくらい、この一年間いろいろなことがありました。

確か、一年前の今頃は仕事も恋愛も人間関係も全部不調だったんだよね。

それでミニマリズムに感銘を受けて(?)、たくさんモノを捨てたんだ。

結局、ミニマリストにはなれなかったんですけどね。でも部屋はかなり片付いた。

今もまあまあモノは少ない方だと思う。

 

で、何から書こう。

まず仕事から?

まあいろいろあって(というか、我慢の限界を超えて)、4月に店舗移動しました。

移動先は比較的暇だったんだけど、相変わらずストレスがすごくて、やっぱりこの仕事は無理だと思ったんだよね。そして8月の終わりに退職しました。だから今ニート。無職ですよ、無職。辞めてからすでに3ヶ月が経過しております。

 

仕事辞めて何をしてたかっていうと、ずばり美容整形しました。念願のね。

陰部のあれをぶった切ったのが9月。そして10月には目をいじったのです。

総額74万くらい掛かりました。

貯金を使い果たしました。今預金額10万切ってると思う。

でもずっとやりたかったことで、決して思い付きで手術したわけではないのです。

完成度はまあまあ。星3.5かな。ちょっと思うところはあるんだけど、でもこんなもんなのかな…くらいの気持ちです。

蒙古襞切って、目の開きが良くなった。友達曰く、目の大きさが1.2倍になったそう。

目尻は正直わからん。若干吊り目が緩和されたかな?くらい。しかも傷跡が結構くっきり残ってて焦る。目尻の粘膜が本来なら隠れてるべきところが出ちゃってるような気がする。でも考えすぎなのかなとも思う。

ちなみに今回の整形でその病院のポイントがたくさん貯まったから、そのポイントを使って襟足を医療脱毛してもらってる。計5回分。今2回打ってもらった。襟足デザインだから、結構髪の毛の部分がっつり剃ってレーザー当ててる。結構痛い。

でも、ミュゼとかだと髪の毛の部分は当ててくれないから、よかったかも。

毎月六本木に通うことになって少し面倒です。しかし、きれいうなじは憧れるから頑張って通うぞ。

 

 

 

あとは恋愛。

1年前に好きだった人のことは吹っ切れた。

それは別に好きな人ができたから。

新しく好きになった人も、私から連絡したり誘ったりして、まあ仲良しになったんだけど、ある日飲みすぎて私が酩酊状態になり、やっちゃいました。文字通り。

 

というか、二件目のお店出て、酔っぱらってるときに告白したんだよね。

「○○さんのこと好き。私、○○さんのこと好き」って。

でも返事は貰えず、そのままカラオケへ。で、私がとんでもないことになって、ホテルへ行って…って流れ。

 

そのあとも付き合うとかそういう話にはならず、翌日解散

 

そしてその後、会ってないです。

連絡は何度かとりましたが、私からはもう連絡するつもりはないです。

 

やっぱり、付き合う前にやっちゃうとかなり女性が不利な状立場になるよね。

 

こんな軽率なことしてしまって、かなり反省したんですが、でも私は純粋に相手のことが好きだった。

彼は見た目も別によくないし、フリーターだし、傍から見たらどこがいいの?って感じの人だと思うんだけど、私は彼の内面に惹かれて、だから打算なしで好きだった。

 

この三か月間、かなり悩んだし、悲しかったし、つらかった。

ああ、この人は私と付き合う気ないんだって気づいて。

こういう人ってホントにいるんだなって、驚いた。

ネットでいろんな記事よんで、一人で悶々と考えてさ。

付き合おうとしない男の心理とはみたいな記事たくさんあるのね。

ということは、世の中には、私みたいに、体の関係はあるけど、付き合ってもらえない女性がたくさんいるんだなあって思った。

なんか、自分がこういう男を好きになっちゃうなんて思いもしなかった。

ワンナイトラブ(?)なんて、遠い世界の話だと思ってたから。

 

そのあとも彼のことが好きだったけど、セフレにはなりたくなかったから、私からは連絡しなかった。

なんかいろいろ考えたの。ほんとに。別に付き合わなくても、「たまに遊んでくれる楽しいお兄さん」的な感じで会ったりすればいいんじゃないかとか。

でも私はそういう中途半端な関係は苦手だし、ストレスで破滅すると思ったから、しなかった。

 

そう、本当に悲しくて辛くて、私の心の底に眠っていた破滅願望がむくむくと根を伸ばし始めたんだと思う。

 

そういえば、この件が起こる前だけど、たばこを吸うようになった。

仕事のストレスと、たぶん少しでも彼に近づきたくて。

 

もうどうやって書いていいかわからないや。

 

一年前の文章読んでると、なんか他人が書いたものみたいに感じる。

この文章も数年後に読んだら、また別の感じがするのかなあ。

 

そして数日前に、約三ヶ月ぶりにね、彼から連絡が来た。

こちらのことを気にかけてますよ~って風の。

連絡が来たときはすっごい嬉しかった。向こうが私のことをいろいろ聞いてきて、しばらくLINEが続いた。

でもね、そのあと冷静になって思うのは、ばかにすんじゃねーよってこと。

その手には乗りませんよと。

今更連絡してきて、また私の気持ちを宙ぶらりんにする気?

私の気持ちを知っていながら、あえて答えは出さず、あいまいな関係にしましたね?

私の気持ちを踏み躙りましたよね?

 

私は、私の気持ちを損なう人からは離れることにしました。

 

本当にただの腰抜けの甲斐性なしだった。

もう正直に書くけど、セックスも全然気持ち良くなかった。

そして、責任は負わないスタンス。仕事の仕方と一緒だね。

 

私は目覚めるのです。恋という魔物の感情から。

恋愛なんて所詮は脳の錯覚。盲目になってるだけで、冷静になって考えれば大丈夫。

 

 

なんだろう、なんて書いても言葉足らずだ。